ビリヤードナウ

ビリヤードナウは、ビリヤードの魅力を広めるサイトです。4コマはじめました

バンキング/やり方とルール これどっちが勝ち?

ビリヤードを始めた時、最初の順番をじゃんけんで決めることが多かったですが、バンキングを取り入れて、ビリヤードをやっている感が一気に高まりました。

目次

バンキングとは?

試合の最初に行い、勝者がブレイクの選択権を獲得できます。

ナインボールでは、バンキングの勝者がオープニングブレイクを選択するのが一般的です。

やり方

お互いにロングラインを挟んでヘッドスポット内(2ポイント以内)に球を配置します。配置する球はどの球(※)でもOKです。

向かい側の短クッションにむかって球を撞きます。短クッションから跳ね返ってきて、手前の短クッションに球が近い方が勝者となります。

※お店への配慮で、的球(数字のカラーボール)を直接撞くのはバンキングのみにして、通常は的球を直接撞くことを控えた方がよいです。

ルール

最初に球が当たるクッションは、向かいの短クッション。その前に長クッションに球が当たったら負けです。

向かいの短クッションから手前の短クッションに跳ね返る途中で、球が長クッションに当たっても大丈夫です。

球がロングラインを超えた場合は負け。

球がスクラッチした場合も負けです。

2人とも負けのショットをした場合は、バンキングのやり直しになります。

このバンキング、どっちが勝ち?

一方が手前の短クッションにピッタリタッチ(図のA)。もう一方は、短クッションを少し超えてポケット寸前で奇跡的にストップ(図のB)。どちらの勝ちだと思いますか?

答えは・・・

短クッションにピッタリタッチのAが勝ちとなります。

バンキングは、短クッションからの距離が近い方が勝ちとなるため、短クッションを超えた分は、距離が離れているという判定になります。

バンキングは、テーブルのコンディションを把握する機会でもあります。

自分のバンキングの強さの基準をもつことで、いつもより転がっているか、転がりにくいかでラシャのコンディションを感じることができます。

また、向かい側の短クッションの跳ね返り具合で、クッションのコンディションを感じることができます。

衝撃的な体験

以前、バンキングに勝利した人が、マスワリを連発して、相手は一度も撞けず敗戦という試合をみたことがあります。

バンキングで試合の勝敗が決まってしまう。。というのは稀かと思いますが、とても大事ですね。

バンキングの一撞きも大切に。

オススメの記事

グッズ・アイテム

ビリヤードの〇〇って値段はいくらするの?

4コマ

【第7話】ブルキさん登場!