ビリヤードナウ

ビリヤードナウは、ビリヤードの魅力を広めるサイトです。4コマはじめました

初心者でも組みやすいオープンブリッジ

オープンブリッジ

ビリヤードを始めて間もない頃は、どのように組むか頭を悩ませた経験がある方もいると思います。

今回は、初心者でも組みやすくて、安定したショットが期待できるオープンブリッジの特集です。

いつものごとく、難しいことはさておき、とりあえずできることを優先してお届けします。ブリッジで気になることがある方は参考にしてください。

目次

オープンブリッジとは

ブリッジは、大きくは人差し指と親指にキューを通すスタンダード(クローズド)ブリッジと、通さないオープンブリッジの2種類にわかれます。

それぞれメリット、デメリットがありますが、オープンブリッジは組みやすいという利点があります。

組み方

ブリッジを組む手をパーにして広げます。

人差し指を約90度内側に曲げます。

親指をその人差し指と十字になるようにくっつけます。

その形を維持したまま、テーブルに置きます。この時、小指と人差し指をできるだけ広げると安定します。

オープンブリッジのメリット

・組みやすい

・キューがだしやすい

僕は手汗でキューが滑りにくくなるため、スタンダードブリッジはあまり組みません。

手汗の影響をあまり受けないオープンブリッジを多用しています。

オープンブリッジのデメリット

・キューがブレやすい

オープンというだけあって、キュー先がブレやすいです。キュースピードをだしやすい反面、キューだしが安定するまではブレがでやすいです。

スタンダードブリッジとの使い分け

適度な加減で撞く分には、オープンブリッジはよいかもしれませんが、強い球、特に引き球を撞く際はスタンダードブリッジの方が安定するかもしれません。

ただ、ブリッジも人それぞれなので、ブリッジを組み替えて、色々なショットを試して、自身にマッチしたブリッジをさがしてみてください。

気になることは、ビリヤードのお店で店員の方や常連さんに聞いてみてくださいね。

グローブ、パウダー

僕のような手汗でスタンダードブリッジを組む機会が少ないプレイヤーにも、現在は便利なアイテムがたくさんあります。気になる方はチェックしてみてください。

グローブ

[PR]


[PR]


ファッショナブルで身につけやすく、キューが滑るのでキュースピードもあがります。色々なメーカーのグローブがあり、色やサイズ、左用、右用、兼用など種類も多いです。各ショップで自身にあったグローブを探してみましょう。

フィンガーグローブ

[PR]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビリヤードグローブ スリーフィンガー ブラック
価格:792円(税込、送料別) (2024/3/5時点)


ブリッジを組んだ際、キューが接する指の部位のみに身に着けるグローブです。手全体をグローブで覆うのは嫌だという人には良いかも。

ソリッドパウダー

[PR]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビリヤード パウダー ソリッドパウダー シャフト滑り改善
価格:440円(税込、送料別) (2024/3/5時点)


シャフトや指に付けることでキューの滑りをよくします。グローブを身に着けたくない人は一考の価値があるかも。

最後に

上手な人のブリッジは、本当に頑丈そうです。色々なプレイヤーのブリッジも観察して強固なブリッジを手に入れてください!

Let’s enjoy Billiards!

オススメの記事

グッズ・アイテム

ラックシートって何ですか?

グッズ・アイテム

ラックシートの購入は、この1枚!

ビリヤード用語

ビリヤード用語/キュー