ビリヤードナウ

ビリヤードナウは、ビリヤードの魅力を広めるサイトです。4コマはじめました

人生100年時代の趣味はこれで決まり!

人生100年時代の趣味

人生100年時代、100年生きると言われる時代です。年齢を重ねても楽しめる趣味を探している人は多いのではないでしょうか。趣味も一つや二つではなく、ライフステージに合わせて様々なことにチャレンジすることで充実した生活を送ることができると思います。

この記事では、長く年齢を重ねても楽しめる趣味をご紹介します。趣味は生活に活力を注ぎ、健康な肉体、精神を維持することにもつながります。ぜひ100年ライフを楽しむために、新しい趣味にチャレンジしてみてください。

目次

どんなことを趣味にすればよいか

趣味を選ぶ際に、どんなことを基準に考えるでしょうか?様々な視点で考えることができますが、ざっくりと次の基準で考えてみたいと思います。

・年齢を重ねて体力が衰えても取り組める体を動かす趣味。もしくは、体力を維持できる趣味。

・体はあまり動かさなくても頭脳を使う趣味。
・人との関わりがあり、仲間と楽しめる趣味。
・一人で楽しむ趣味。
・楽しさはもちろん、相手と真剣勝負する趣味。色々な視点で

体を動かす趣味

私自身30代前半までは、学生時代から部活動でやっていたテニスを趣味としていました。週末には町や市の大会にも出場していました。優勝を目指してそれなりのトレーニングをしていました。しかし、30歳を過ぎると激しい動きに息はあがり、身体の節々も痛みだし、イメージと実際の動きにギャップがでてきました。肉体的なレベルと目指していた目標にギャップがでてくるとテニスをやる回数は徐々に減っていきました。それから10年、現在はほとんどテニスをやらなくなってしまいました。そこで体力が衰えても体を適度に動かし、体力をある程度維持できる趣味はなんだろうと考えると次のことがありました。

・ウォーキング もしくは軽いランニング
・トレッキング
・グランドゴルフ
・ボーリング

骨は年齢と共に衰えるらしいですが、食事で衰えを抑制することができるとも言われています。筋肉は年齢に関係なくトレーニングすることで身につくそうなので、体力を維持するためにも適度な運動は必要ですね。

頭を使う趣味

頭を使う趣味は、体力はあまり関係なく長く取り組める趣味と言えそうです。一人でも楽しめるもの、複数人で楽しむものをいくつか考えてみました。

・将棋
・囲碁
・クロスワードやナンプレなど
・クイズ
・麻雀

将棋は二人で対局もできますし、一人でもできる詰将棋もありますね。麻雀はマージャン卓を4人で囲むことで、コミュニケーションをしながら楽しむことができます。最近ではインターネットで対戦できるので、面子がいなくてもいつでも楽しむことができます。将棋や囲碁も同様にネット上で対戦相手を探して楽しむことができます。クロスワードやナンプレ、クイズはアプリもあるので、今では本を買わなくても楽しめるようになりました。頭を使う趣味は、ルールを覚えてたまに楽しむのもいいかもしれません。

仲間と楽しめる趣味

仲間と楽しめる趣味の定義として、協力して一つのことをやることとしてみました。そこで思いついた趣味は、バンド活動や合唱などの音楽活動です。楽器演奏は手先を動かすものが多いので、脳にほどよい刺激と適度な運動にもなります。何より仲間と一緒に演奏して感じるグルーブ感は最高の気分を与えてくれます。合唱では、ボイストレーニングによる発声は健康法としても注目されています。

・バンド活動
・合唱
・ダンス ※軽い運動量のジャンル

一人で楽しむ趣味

一人で楽しむ趣味としては、絵画や編み物など、創作系の活動が良いと思いました。創作系の趣味は、作品を作り上げていくプロセスも楽しいですが、完成した作品を公開して周りから評価が得られることは、何にも代え難い充実感を得られます。

・絵画
・写真
・編み物

今はネットで個人間の売買も容易になったので、ひょっとしたら売れるかもしれませんね。

最後にぜひ紹介したい趣味

最後にぜひ紹介したい趣味があります。私は自分が一生楽しめる趣味は何だろうと20歳頃から考えていました。そして出会ったのがビリヤードです。30代前半まではテニスと並行して行っていましたが、30代後半からは、ビリヤードが主な趣味になりました。ビリヤードの魅力は、なんといっても今まで紹介した要素をすべてそろえていることです!

・体を動かす
 ビリヤードテーブルでキュー(球を撞く棒)を構えて球を撞く動作は、年齢を重ねても動作可能で、適度に体を動かす運用になります。


・頭を使う
 ビリヤードは、パズル的な要素があります。手球をどのように動かすのか考えたり、相手の順番の時も相手がどのように考えているか洞察したり、頭を使います。頭で考えたことを行動に移すことは、脳の働きにも非常に良いとテレビ番組で専門家が言っていました。


・仲間と楽しめる
 ビリヤードは相撞きといって、一人でお店に行っても店員さんが、適切な方を紹介してくれて一緒にゲームを楽しむことができます。そして、相撞きした方と友達になったりして仲間がどんどん増えていきます。社会人になって、しかもある程度の年齢でこのように友達や仲間が増える趣味はなかなかないと思います。


・一人で楽しむ
ビリヤードは一人でも楽しめます。対戦相手がいなくても練習したり、一人でスコアを追及するゲームもあります。

さらに、ビリヤードは競技としても取り組めます。全国大会でも年配で活躍している方も大勢います。長く楽しむ趣味としてビリヤードをぜひ体験してみてください。

ここで紹介した趣味は個人的に思案したものなので、良い趣味はまだまだたくさんあると思います。異なる意見の方もいらっしゃると思いますがご容赦ください。最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ、新しい趣味にチャレンジして100年ライフを楽しい充実したものにしていきましょう。

オススメの記事

グッズ・アイテム

キューって何ですか?

ビリヤード用語

ビリヤード用語/テーブルの名称